戸建賃貸のメリット

前にも言いましたが、「戸建賃貸」は、ほとんど供給がされていません。そのため、予約客が極めてつかみやすい形態です。

ホームページで検索してみてください。戸建物件はほとんど掲載されていないはずです。

郊外のエリアでも、入居者が獲得できる。

アパート・マンションの場合「立地」に左右されての入居が多く、逆に少し郊外にある物件は、 新築時はいいですが物件が古くなると、入居者の付きが悪くなります。

戸建賃貸なら、車利便中心の郊外でも、入居者が懸念しない「商品力」があるため、 立地条件の悪さに左右されません。

もちろん、駅からは今住んでいるマンションと同じくらいの距離がいいという方は多かったのですが、 「5分から10分くらいなら遠くなってもいい」という方が、44人もいたのです。

通常、アパート・マンションを建築する場合、20坪、30坪の小さい土地ではたいした開発はできません。 また変形している土地の場合、アパート・マンションですとデッドスペースが多くなってしまいます。というより、開発不可能なケースがほとんどでしょう。

一般的なご家庭では「いつかはマイホーム」が夢です。入居いただいているお客様も、 ファミリーが中心で、「家賃の滞り」など、トラブルも少なく、比較的収入の安定した入居者が中心であることも、魅力と言えます。

戸建賃貸の入居期間は約5年と言われています。アパート・マンションは、約2年が一般的です。 これは、入居期間の回転の少なさを物語っています。 通常であれば、入居者様が変わるたびに家賃の変更回数が少なく済むので安心した経営が実現します。

投資物件である以上、収益還元、つまりそこから見込める賃料から逆算し、買える金額が決まります。 坪単価がいくらだとか、建築費がいくらだとか言っても、それに見合った賃料がなければ誰も評価してくれません。 しかも、売るときはだいたい、事業が成り立たないから売ろうと考えます。 事業が成り立たない=空室で家賃が見込めないから売るのです。 買う人も当然、現在の賃料収入で購入を判断しますから、売却価格では借金を返せないこともあるのです。 たぶん、あなたが買うとしても同じように判断すると思います。

戸建賃貸ラインナップ

  • CubicHouse1

    Cubic House1

  • CubicHouse2

    Cubic House2

  • CubicHouse3

    Cubic House3

  • CubicHouse4

    Cubic House4

  • CubicHouse5

    Cubic House5

  • CubicHouse6

    Cubic House6

このページの先頭へ