戸建賃貸のポイント

国土交通省が平成17年に行っ た”土地問題に対する国民の 意識調査”による『住まいに求 める望ましい形態は』に対す る回答では、約85%における 人達が”戸建”という結果にな りました。しかしながら、現実の賃貸市場では全くと言って 良いほど戸建住宅の賃貸物件の供給はされておらず、ア パート・マンションの集合住宅が中心の市場と言えます。 これは、戸建住宅の需要はありながらも供給がされてい ないという事を意味しており、今後も市場における戸建賃貸 の品薄感による人気の高さが伺えます。

戸建賃貸は需要に比べて圧倒的に供給が少ないと言うことが上記で確認できました。大手不動産サイトで 一戸建て賃貸の総数を調べたところ、九州(福岡県主用JR・地下鉄・西鉄電車沿線)の市場では、物件総数 21,690物件に対し一戸建て(テラスハウス含む)はなんと253件しかありませんでした。

明らかに現在の市場では戸建賃貸が需要はあるにもかかわらず、供給されていないことが分かります。 だからこそ、戸建賃貸は、現在有力な資産運用として注目されているのです。

一般的に、アパート・マンションなら、いいところ6~8%の利回りが平均的と言われています。 戸建賃貸経営の魅力はやはり、平均利回り10%以上の利回りの良さにあるのです。

建物の敷地が貸家建付地として評価されるので更地よりも評価額が低くなります。 また、賃貸建物の評価額と借入金との相続税の課税評価差を利用して、財産全体の評価が下がるため 相続税の節税が可能になります。また、収益を納税資源とすることも可能です。

戸建賃貸ラインナップ

  • CubicHouse1

    Cubic House1

  • CubicHouse2

    Cubic House2

  • CubicHouse3

    Cubic House3

  • CubicHouse4

    Cubic House4

  • CubicHouse5

    Cubic House5

  • CubicHouse6

    Cubic House6

このページの先頭へ